ABOUT

工業製品ではない、
本物の味を自分たちの手で伝える。
それが私たちの目指すゴール

OUR BEER

東京を愛し、伝統を大切に

私たちは、東京・天王洲で誇りを持って東京産のビールをつくり続けています。大量生産や流通の拡大と引き換えに多くの企業が失ったもの。それを取り返すべく、自然な原料のみを使い、職人による伝統的な製法で丁寧に手づくりしています。規模を追うためのボトル詰めも極力せず、生産量を限定しながら、本当のMADE IN TOKYOと呼べるクラフトビールを醸造しています。

良いものを良い状態で

流通過程での商品劣化を防ぐために栄養豊富な酵母を濾過したビールがある一方で、私たちは発酵食品の恵みを最大限に生かし、全てのビールを無濾過にこだわっています。その品質を保つため、醸造タンクからケグ(樽)に詰められた新鮮なビールは必要な分だけ醸造所の冷蔵庫から自社店舗に届けられ、ブルワー自ら店舗で品質管理を行っています。

ビールを楽しむライフスタイルを提案

より多くの人にクラフトビールの魅力を知ってもらうため、定番ビールはドリンカビリティ(飲みやすさ)を重視しつつ、ブルワー全員でアイディアを出して個性的なビールの開発も行っています。つくったビールは最大限楽しんでもらうために、様々なコンセプトのお店を創り、食事やサービスとともに楽しむライフスタイルを提案しています。

WHAT IS CRAFT BEER

メソポタミアや古代エジプトの時代から数千年もの歴史を持つビール。ビタミンやミネラルなど栄養分を多く含むため、古くには薬として用いられたこともある貴重な飲み物でしたが、産業革命から始まる技術の発達で大量生産と長期保存が可能になると広く世界に浸透してきました。けれども私たちは何か大事なものを失いかけているのでは・・ 大量生産・大量消費の社会に疑問を持った人たちにより欧米では1980年代から数多くのマイクロブルワリー(小規模醸造所)が誕生し、伝統的な手づくりビールの価値が見直されてきました。

日本では、1870年(明治3年)に横浜の醸造所で初めてつくられて以来、明治中期には100以上もの醸造所でビールがづくりが行われていましたが、戦争を経て大会社に集約されると製造免許という規制により新規参入は不可能に近く、限られた大手製品しか選択肢がない状態が長く続きました。しかし1994年の規制緩和で免許取得に必要な製造量が大幅に下げられ、翌年から多くのマイクロブルワリーが生まれて「地ビールブーム」が始まりました。

一時は300を超えた醸造所も、品質のばらつきや高価格といった問題からブームが下火になると同時に200軒を下回るまで減少しました。生き残った醸造所たちがその魅力を発信し続け、また新たなつくり手も現れるなか、高品質なビールに対する理解が進み、2000年代後半から「クラフトビールブーム」として新しい動きが始まりました。つくり手のストーリーやこだわりが共感を呼ぶ時代のなか、クラフトビールは新しいビールの楽しみ方として定着しつつあります。より自然なつくり方への回帰と品質へのこだわりから始まったクラフトビールは、個性や創造性の発揮という新しい時代を迎えながら着実に文化として育っているのです。

BREWING PROCESS

1.精麦

大麦を水に浸して発芽させ、麦芽(モルト)をつくります。乾燥させると色が緑から黄金色に変わり、それがビールの色に。コーヒーのように強く焙煎すれば濃色のビールができます。

2.糖化

粉砕した麦芽を一定の温度で煮ることによって麦のでんぷんが麦芽中の酵素の働きで糖に変わり、甘い「麦汁」ができます。ここでの温度管理によって、ビールの個性が変わります。

3.煮沸

麦汁を濾過してから煮沸して糖分を調整しつつ、ホップを加えることでビール独特の香りと苦味をつけます。ホップの花言葉は「不公平」。ホップはビールの味わいと香りを左右するだけではなく、とてもデリケートな麦汁に雑菌が繁殖するのを防ぐ役割も担っています。

4.発酵

冷やした麦汁に酵母を入れて発酵させます。発酵とはつまり、酵母が糖分を分解してアルコールと二酸化炭素にするプロセスのこと。酵母は、職人が世界中のビール酵母の中からタイソンズアンドカンパニーらしいビールの味を目指し、こだわりをもって選んでいます。

5.貯酒と二次発酵

こうしてできた「若ビール」はまだ味が粗いため、数週間寝かせます。そうすると熟成がすすみ、美味しいビールのできあがり。ビールが子供から大人になる瞬間です。

6.そして

必要な分を濾過することなくケグ(樽)に詰めます。手を加えずに、生きた酵母が入った栄養たっぷりのビールを新鮮なままで。これが本当の生ビールです。

OUR BREWER

1997年のブルワリー立ち上げ時、社内公募に手を挙げてビールづくりの道に入り、1年間サンフランシスコから招いた技術者から醸造技術を学びながら、本物の味を追い求めてきました。現在は醸造責任者として、定番ビールのクオリティチェックとパイロットブルワリーでの実験的なビールの醸造を行っています。

ビールの醸造工程は多くの部分を酵母という微生物に委ねているので、酵母の活動しやすい環境をいかにつくり、管理していくかがブルワーの腕の見せ所。私たちがつくるビールでクラフトビールファンに喜んでもらうのはもちろん、初めてクラフトビールを飲む人の入り口になれば嬉しく思います。

今後も定番ビールは更なる品質の安定、シーズナルビールは独創的なビールから、古典的なビールの再現など、マイクロブルワリーだからこそできることに積極的にチャレンジしていきたいです。

前職でバーテンダーとして酒好きのお客様と接するうちに、ビールの魅力に引き込まれて入社しました。担当業務は、受注/出荷対応、ビールの在庫管理、レギュラービールの醸造補助、シーズナルビールの提案/醸造など。

ビールは手元ですぐに調整できるカクテルと違い、仕込んだ後に結果が見えるのは数週間後。その間の変化も想定して仕込まなければいけません。また、ただ材料を合わせるだけではなく、酵母という生き物が相手なので同じように仕込んでも全く同じように仕上げるのは至難の技。頭の中にある味をどのように組み立てれば実際のビールに仕上がるか模索するのは楽しくもあり、難しいところ。ビールは知れば知るほど奥深さを感じます。

今後は、定番ビールはより洗練された仕上がりを追求しながら世の中があっと驚くビールも世の中に送り届けていきたいです。飲んだことのない人や飲みなれていない人の興味をそそり、一口だけでも飲んでみたいというきっかけを与えられたらなと思っています。

友人と行ったビアバーで初めて飲んだクラフトビールに衝撃を受けました。私にもビールを造ることはできるのだろうか?造るってどうやって?色々頭の中で巡る中、よりビールに触れたくなり、クラフトビールを扱うビアバーに就職し、バーテンダーを中心に約5年半働きました。そんな中ご縁があり、T.Y.HARBORで念願のブルワーになることが出来ました。

初めての醸造の際は、やっと夢が叶い感激しました。ビールは仕込み後も経過を見て、"ビール" にしていかなければなりません。まさに生き物で、環境によって風味などが変わってしまいます。頭の中で想像しているビールをイメージ通りに造り出すことは、難しくもありますがとても楽しい作業です。

クラフトビールは楽しい飲みものです。初めて飲む方にもビール好きにも喜んでもらえるようなビールを造り、元気に笑顔になってもらいたいと思います。その為にブルワーになりました!

この業界に入るきっかけは、僕の高校時代にまで遡ります。僕の高校は自然豊かで、校風が少し特殊な学校でした。様々な外見や心や考え方を持つ個性豊かな人で溢れていて、僕は木工や陶芸などのものづくりに興味を持っている学生でした。そのうち「個性」や「ものづくり」というテーマで将来を考えるようになり、いろんな大人に自分がどうなりたいのか相談し将来について悶々と考える日々が続きました。

ある日、いつもは通らない道から帰っていると銀色の小さなタンクがいくつか並んでいる不思議な店を見かけました。「ここは何のお店ですか?」と聞くと「生きたビールを楽しめる店だよ」と、その男性はクラフトビールについての話をしてくれました。
その日から、自らクラフトビールを調べるようになり"こんな個性豊かな生きた飲み物を作ってみたい"と思い、醸造学科のある専門学校へ進学し、ビールの道へと1歩踏み出しました。

TY.HARBOR Breweryは1997年からある東京で最も歴史のある老舗Breweryです。そんな老舗Breweryだからこそ多くの事を学び、それを発信していけるのではないかと考え、令和元年に新卒としてBrewery部門に入社しました。作業自体は比較的大規模な醸造量に対しオートメーションなものは少なく、手作業で行うことが多いです。大変な事も多いですが、それが"クラフトビールを作っている"という実感に繋がり、自分の作ったビールに対して愛着が湧き、今でもモチベーションを与え続けてくれています。

専門学校で醸造学や発酵学について学んでいたので、酵母の特徴を捉えつつ地域性や伝統を大切にしたクオリティの高い多国籍ビールや、お客様が驚くような意外性のあるチャレンジビールなんかも作ってみたいです!個人的な意見ですが、その国、その地域、その店でできた酒を仲間と共にその場で飲み、その土地の食事を楽しむ。これ以上贅沢で情緒豊かなことはないと思います。私はそんなささやかな贅沢を提供できるような楽しくも不思議なビールを作りたいと思っています。

クラフトビールを好きになったのは趣味の旅行がきっかけです。
特に地方のローカルなコミュニティーに触れることが好きで、クラフトビールもそんな旅先で出会いました。大手ビールにはない奥深い魅力にのめり込み、ビールに関わる仕事に就きたいと考えるようになっていたところ、友人の紹介でビアバーで働くことになります。そこではブルワリーの方々との交流を通して、様々なことを学びました。
クラフトビールの世界は知れば知るほど奥深く、その味わいはどれも特徴的なこと、そしてそれを小さな集団が作っていたことなどに衝撃を受け、売り手から“作り手”になりたいと考えるようになります。

そんなタイミングでブルーマスターの阿部から声を掛けられ、2020年にTYSONS & COMPANYに入社。毎日学びが多い環境に日々やりがいを感じています。
まだまだ見習いですが、早く一人前のブルワーになりたいという気持ちは強く、みんながシンプルに美味しいと思えるビールを造ることが目標です。
また、クラフトビール を単なる流行で終わらせず、東京の文化の一つとして浸透させていけるよう、ブルワーとして邁進していきたいです。